亀頭増大の術後の注意点はある?

亀頭増大の手術を行った後、患部は健康な肌を無理に傷つけた状態になっています。
炎症が起きて腫れや痛みが出てしまうことがあるので、その間は入浴やサウナ、過度の運動など血行を良くする行為は避けなければいけません。
人それぞれで多少の違いはあるものの、亀頭増大の手術後は麻酔が切れるタイミングから徐々に痛みが出始めます。
もちろん、クリニック側からは炎症止めや痛み止めの薬が処方されることになりますが、出来るだけ余裕をもって薬を飲むようにすれば急な痛みに驚くこともなくなります。
辛い痛みが徐々に引いてきて、術後2週間から3種間ほどがたってからであれば、入浴も許可されるようになります。
痛みが強くあらわれている時にはちょっとの刺激でも辛い思いをすることになります。
当然、性行為など過度の負担が亀頭にかかる行為は避けるのが無難になっていきますし、手術を受ける際には自分自身だけでなくパートナーにもその相談をしておくのがベストになっていきます。
亀頭増大の手術を受ければ見た目に亀頭を大きく見せることが出来ますし、早漏対策のために手術に挑戦する人も中にはいます。
ただ、手術の後には一定の期間痛みが伴うことがある、この点は前もってチェックしていくことが大切になっていきます。

亀頭増大手術は痛みを感じるの?

自分の亀頭の小ささにコンプレックスを感じて食事やマッサージ、トレーニングをはじめとした増大効果を期待できる行為を試してみたものの期待した効果を得られず悩まれている方はいらっしゃいませんか。
そのような方には思い切って「亀頭増大手術」を試してみることをおすすめします。
一方でデリケートな部分の話がゆえにその痛みへの不安が大きくその一歩を踏み出すことができない方も多いかもしれません。
そんな「亀頭増大手術」はクリニックで医師の手により行われます。
しかし亀頭をメスで切断する、といった行為を行うことはありません。
具体的な実施内容としては注射器による薬剤注入を行うことで亀頭体積を増加します。
さらにその際にはデリケートな部分である手術ゆえに麻酔注射をいきなり行うことはありません。
まず使用するのは全く痛みを感じることのない「麻酔テープ」です。
そしてその効果が現れてから麻酔注射を行うのが一般的です。
ゆえに痛みに関する不安を感じることなくコンプレックスを解消できる手段と言えます。
なお、手術にあたり少しでも不安事項がある方は事前にその旨をしっかりと医師に相談してから施術を受けるのが良いでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

亀頭増大術でペニスを増大させるメリットとは

ペニスが小さくて悩んでいる男性は少なくないでしょう。
昔よりペニスが縮んだと感じる場合、多くは勃起力の低下によるものです。
フル勃起時と半立ち時では大きさがまったく違いますよね。
フル勃起時に比べて半立ちだと小さくなるのは当然で、これは陰茎海綿体という部分に血液が十分に到達していないのが原因のようです。
つまり血流をサラサラにしていけば勃起力は高められるのです。

ただ平常時からペニスが小さくて悩んでいる場合は、亀頭増大術を受けてみるのがいいですね。
亀頭が小さいと全体的に小さく見えてしまうので、亀頭増大術で全体のバランスを整えましょう。
バランスのよい増大とは長さと太さの両立ができていることで、長ければよいものではありません。
また太くて短いのも女性はあまり喜びませんから、バランスを整えた増大を意識してください。

亀頭増大術は痛みがほとんどないので、包茎治療のような感覚で受けることができますよ。
亀頭増大術を受けてからパートナーの反応がよくなった、男性自身の快感も大きくなった、というコメントが多いようです。
ペニスが小さいと銭湯に行くときにも抵抗を感じてしまうので、改善するなら若いほうがいいですね。
包茎とまとめて治してしまえば、下半身の悩みを一気に解消できます。

亀頭増大術の手術の費用相場を把握しておこう

亀頭増大術の手術はすべて保険の適用外となっています。
ペニスが小さい状態は病気とはみなされず、生命に危機を与える心配がないためです。
コンプレックスを解消するための治療には保険が使えず、美容整形や薄毛施術のようなものですね。
そのため亀頭増大術は全額自己負担となり、費用の相場は10~40万円程度となっています。
コラーゲンを注入する方法は安いですが、注入量が多いと、メスを使用する方法と同じくらいかかる場合もあるようです。
亀頭増大術と長茎術の費用は、どちらも同程度に設定されているようです。
いずれにしても包茎治療と比較するとかなり高く設定されています。

手術費用の相場はあくまで平均なので、クリニックによって大きく違ってきます。
同様の方法を例にしても2倍くらいの差が出ることは少なくないようです。
ただ安ければよいものではなく、きちんと大きくしてくれること、傷跡が目立たないことなどは大切ですね。
せっかく大金をかけて治療したのに、別のコンプレックスが生まれたのでは意味がありませんから。
亀頭増大術は包茎治療と同時に受ける方が多く、この場合は別々に治療するより安くなります。
手術は一度で済ませたほうが気楽ですし、まとめてコンプレックスを解消できるのでおすすめです。

おススメサイト
亀頭増大手術の費用や術後の痛みなどの疑問は専門クリニックのHPで確認↓

メンズサポートクリニックHP・・・https://www.clairvoyancecorp.com/k-zoudai.html

亀頭増大をすればペニス増大も実現する

医療機関で亀頭増大術を受ければ、カリの部分を大きくすることができます。
ペニス増大法の一種としても行われており、確実に実感したい方におすすめです。
巷にはペニス増大サプリが出回っていますが、実感できる人とそうでない人がいますよね。
何よりフル勃起時のサイズを大きくするのが目的で、平常時のサイズは変わりません。
同様に増大器具も実感には個人差がありますので、確実に大きくしたいなら医療機関に行くのがベストです。
メンズ専用のクリニックは亀頭増大術や包茎治療などを受けることができ、プライバシーの厳守も設定しているので安心できます。

亀頭増大術を受けることで下半身のコンプレックスが解消したという方は多いですね。
男性のコンプレックスといえば薄毛と下半身の悩みが筆頭に挙げられるのではないでしょうか。
ペニス増大に成功すればパートナーに対して積極的になれるはずです。
何よりパートナー自身が喜んでくれますから、治療を受けておいて損はありません。
女性はサイズと硬さを求めますので、平均サイズ程度のペニスは手に入れたいですね。
日本人の平均サイズは13cmと言われているので、これよりも小さいようなら亀頭増大を検討してみるのもよいでしょう。